金谷小学校運動会2016

2016.06.06 (月) /

blog



全校生徒が50名にも満たない、金谷小学校。

去る5月28日に、子どもたちが待ちに待った運動会がありました。

都会の小学校に比べると、お世辞にも決して規模が大きいとは言えない金谷小の運動会。

それでも、金谷の住民総出のまちをあげての一大イベントとなりました。
そして、何とも懐かしい運動会の光景がそこにはありました(主観です)。

開会式では校長先生が、
んがえて
かよく
りぬく
「かなやの子」を見せつける日です、と力説。

文字通り、全身全霊をかけた運動会。
子どもたちの本気度がビリビリと伝わって来て、
金谷の若者(小学生を前に若者と言えるかどうかは置いといて)も負けずと本気!

リレー、玉転がし、二人三脚、障害物競争、ソーラン節、玉入れなど久しぶりに味わう、
運動会の独特な盛り上がりと雰囲気。

ボルテージが最高潮に達したクライマックスは、
子どもたち、PTA、先生、金谷の若者たちが参加した、全員綱引き
漁師や大工、農家といった屈強な大人たちに弄ばれた金谷の若者たちでしたが、
最後は、小学生たちの力を借りてなんとか勝つことができました。

全員で盛り上げた運動会は、大きなトラブルもなく無事に終了。

気になる勝敗はというと・・・

種目スコア、応援合戦ともに赤組に軍配があがり、赤組の圧勝です。
大喜びの赤組を横目に、悔しさを隠せない白組の子どもたち。

ここは小学校。
先生やPTAの計らいで、種目対決は赤、応援合戦は白という優しさがでるかと思いきや、
勝負ゴトの厳しさを容赦なく突きつけるところは、さすが金谷小学校。

仲間と悦びを共有すること。悔しさを共に経験すること。
たかが運動会、されど運動会。
子どもたちの成長の糧になると考えれば、これもありかなと。

これからも、金谷の子どもたちの成長を陰ながら応援しつつも、
一緒に手を組んで成長していきたいですね。

さて、ここ最近 「しへえどん」 に関するブログネタが全く公開されていませんが、
金・土・日・祝日を中心に、元気よく営業中なので遊びに来てくださ〜い。

ケンジ

※運動会当日の写真は、諸事情により、公開することができません。
金谷と都会から参加した若者たちの元気な写真をお楽しみください。
小学生たちの笑顔は、みなさんの創造力にお任せします。

関連記事