【イベント告知】「彩りある食卓の舞台裏〜食品添加物の世界〜」

2016.11.16 (水) /

blog



みなさんにとって、「食」とは何ですか?
「食べる」という習慣は、単なる空腹を満たすだけのものでしょうか?

―目の前にある食材と向き合い、それらの生命を頂くこと
―料理人とのコミュニケーション
—食卓を囲む人とのつながりを感じるためのもの
―健康的な身体をつくり、平穏な日々を過ごすために欠かせないもの

本来、「食」とは、そういった多くの意味を持っているのではないでしょうか?

私自身、金谷にある食べ放題のレストランのホールスタッフとして2年間働くなかで、
日々大量に廃棄される食材を前に、なんともやるせない気持ちになりました。
「食べる」ことについて、集まった人たちと、おいしいご飯を囲みながら、ゆる〜く語りあえる空間をつくりたい。
そんな想いから、今回の場を用意しました。

1回目のテーマは、 「食品添加物」 です。

「食品添加物って、なんとなく悪そうだから、避けたほうが良さそう」
なんて思っている人も少なくないと思います。

とはいうものの、わたしたちは、添加物についてどれだけの知識や情報を持ちあわせているのでしょうか。
なんとなくのイメージで、 “添加物=悪者” と決めつけていませんか?

今回は、知っていそうで意外と知らない「食品添加物」について、
南房総で有機農園を営む田嶋勝也さんをゲストに迎え、トークイベントを開催します。

普段聞くことのできない「添加物」の世界を覗ける、またとない機会!

添加物の話しに耳を傾けたあとは、田嶋さんたちのつくった無農薬野菜を中心としたご飯をご用意します
(添加物を使用した食材の使用は、極力控える予定です)。

まずは、添加物について知るところから、
日々の食習慣を見直すきっかけをみつけてみてはいかがですか?


*****************************

≪開催概要≫

「彩りある食卓の舞台裏 〜食品添加物の世界〜」

【日時】
11月19日(土)17:00〜

【場所】
古民家ゲストハウスしへえどん (http://shihedon.com/)
※JR内房線 浜金谷駅より徒歩3分

【参加費】
一 般 :3,500円
遠方割り:2,500円

※「遠方割り」は、千葉県外からお越しの方が対象です。こちらのページに、遠方から来る旨をお伝えください。
※当日受付にて、現金でお支払いください。

【こんなことを話します】
・そもそも添加物ってなに?
・食品表示の読み方やリスクの避け方
・日本の伝統食品と添加物の関係性

【こんな人におススメ!】
・食生活を見直したいと考えている人
・健康的な料理を作りたいけど、食材選びに悩んでいる人
・お弁当や加工食品ばかりの食生活が実は気になっている人
・「食」について興味のある人
・とにかく金谷に来てみたい人
・無農薬野菜のおいしい料理を食べてみたい人

【宿泊】
ゲストハウスしへえどんの宿泊もできます(1泊素泊まり3,000円)。
宿泊をご希望の方は、こちらのイベントページにご投稿ください。

【プログラム】
16:30〜 開場
17:00〜19:00 添加物トーク (第一部)
19:00〜21:00 有機食材を囲んだ交流会 (第二部)
22:00 完全撤収
※第一部のみ、もしくは第二部のみ参加をご希望の方は申込時にご連絡ください。

【申し込み】
Facebookのイベントページの参加ボタンを押してください。

*************************

【ゲストスピーカー】
≪田嶋勝也さん|安房いろは農園/南房総オーガニック会長≫

食品添加物の会社で香料を開発していた、元調香師。
2009年に、新規就農者として、南房総市白浜町へ移住。現在は、三芳地区にて奥さんと「安房いろは農園」を共同経営。

★安房いろは農園:“おうちのごはんが一番になるお手伝いができれば” という思いから、
季節の野菜10種類ほどを詰め合わせにした「いろはBox」を一般の家庭やカフェ、レストランに宅配している。
6歳の息子さんと2歳の娘さん、ねずみ対策のねこ1匹と暮らす。

【主催者】
≪竹内謙二|複業家≫
2015年1月に、富津市金谷へ移住。
金谷の食べ放題レストランのホールスタッフとして2年弱働く中で、大量に廃棄される食材を目の当たりにする。
その経験から、「“食を通して得られるメリット”や“食べられるということのありがたみ”をもう一度、みんなで考えたい!」という思いに至る。
この「食」への想いと金谷で地に足のついた暮らしをしたいという想いから、今回のトークイベントを開催する。

関連記事